クレジットカードでモノが買えるのはなんで?

クレジットカードってなんでモノが買えるんでしょうか。
仕組みだけでいうとクレジットカード発行会社から前借りをしてるという感じのシンプルなものですが、誰でもクレジットカードを使えるわけではないですよね?

クレジットカードっていうのは信用で回っている仕組みのことで、クレジットカード会員が加盟店でキャッシュレスで買い物をした場合、カード会社は、クレジットカード会員がその時に必要だった支払代金を引き落とし日までには銀行口座に必ず入金してくれるという信用があってその加盟店にお金を払っています。

その代わりに加盟店側は信用の証ということで、利用代金の3%~7%の手数料をクレジットカード会社に支払うんです。

こう見ると加盟店側からすればカード決済だと手数料が発生してしまうので、その分儲けは少なっちゃいますけど、現金が払えないために買い物はいいや!
と、買われないことを減らせるので、長い目で見ると結果的に売上が増えることになっているんです!

カードは支払いもらくなのでついつい色々と買ってしまいがちになるため、たとえ手数料を支払ったとしてもそのメリットのほうが大きいことになりますね!

クレジットカード会社も加盟店からの手数料に加えてクレジットカード会員からも分割であれば手数料を、場合によっては年会費も受け取れるのでプラスになりますね。