クレジットカードを使う目的はあってる?

クレジットカードは正しく使えば、非常に便利なカードですよね。

でも勘違いしちゃいけないのが、決してお金がないからといった理由で 使わないことです。

ネットや公共料金の支払などで利用できるようになった今、クレジットカードはより多くの人に利用されています。

いつもは手が出せない高額な商品を分割払いで購入する為に、急に現金が必要になったときにもクレジットカードについた、キャッシング機能を利用する為と、とても便利な存在です。

でもこうやって便利な面が強すぎるために、クレジットカードが本来もっている意味や、カードを使う目的が食い違ってきていることはないでしょうか。

代金を何回かに分けて支払う方法を割賦(かっぷ)といいますが、この割賦をより利便性を高め多目的に使えるようになったのが、クレジットカードです。

利用者にはいろんなメリットが考えられますが、よくよく考えるとそのメリットは実は違うんだということがわかると思います!